自分に対して経年劣化をひしひしと感じる日々だけど、それは家の設備も同じなのね。

我が家はお風呂は1階にあるので、給湯などの操作は母がしているわけで、母が一番風呂に入って(89歳なのに)、息子、わたしという順番だ。

冬には保温モードにしてるはずなんだけど、わたしが入る頃にはぬるーくなってるの。
お湯もやけに少ないし。

1ヶ月以上前から、お風呂がなんとなく今までと違う気はしてたのよ。
でも保温モードを母が間違って解除してるのかと思ってたわけ。
お湯の量も少ないけど、みんなそんなに使ってるのかしら…なんて。

で、母に聞いてみると何にもしてない。
最近リモコンが「お風呂が沸きました」って言わないことがあるとか。
お湯も最初から少ないからカランでお湯足してるとか。
いつもは時刻が出てるところに変な数字が出てピコピコしてることがあるとか。

え、そうだったの?
それ故障ちゃう?

ガスやのに、故障してるまま使ってたら怖いやんかー。
05DFD90F-322A-4AA5-BD67-C980DB3CD8E3
<我が家の庭は今閑散期。去年の庭の花たち>
 
 
ということで、慌ててガス屋さんに来てもらい、経年劣化している部品を交換することになったのよ。

今回は部品の交換だけで14,960円で済んだけど(所要時間約10分)、次なにかあったら給湯器自体を交換することになると思うから、準備しといた方がいいですよって言われたわ。
準備ね、心とお金のね。主にお金ね。

だいたい10年が目安なんだって。そういうものかねぃ。今のは2代目で13年経ってる。その前は12年ぐらいだったのかな。
住宅ローン払い終わるまでに3回も本体換えなくちゃいけないんだね。


年月を経ると自分の体だけじゃなくて、家もいろいろ痛むよねぃ。
屋根と外壁は塗り替えたけど、洗面所だとかトイレだとかも劣化してきてるわー。
家電もだけどね。

いろんなものがいつ壊れるか、いつ買い替えなきゃいけないか、いつ大金が要るのかなんて、最近そういう漠然とした不安が常にあるわー。




♪ 今日もお付き合いくださって、ありがとうございます ♪

 ポチッとしていただけると喜びます \(^-^)/
  ↓ ↓ ↓

 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

栞子さん的年金生活 ~シンプルに心地よく~ - にほんブログ村