ここ数年はずっと北欧、暮らしの道具店さんのオリジナルカレンダーを使っていて、来年用のも既に購入してある。
 
1つでは足りないんだけど、毎年なんとなく雑誌の付録だったり、何かのおまけでわりと素敵なのをもらったりしてたので、それで事足りていた。

ところが、ことしはタイミングが悪くてそういうのがもらえなかったので、もう1つ買おうかなと思ってたところ、インスタでフォローしている「暦生活」さんからもカレンダーが出ていることを知ったのよ。

「日めくり・・・、なんかいいよね」ということで、月のモチーフのも興味深かったんだけど、「俳句の日めくりカレンダー」にしたの。
071C70C7-8BF5-4AD2-9AA1-949E4B494627
<画像はサイトからお借りしています>
 

毎日1句と、季語や二十四節気七十二候も載ってるということで。
別に俳句をやるわけじゃないんだけどね、プレバトは見てる。人の句に文句はつけられるけど、自分で作るのは難しいわー。


去年の「天然生活」の付録だった「二十四節気七十二候の暮らしのカレンダー」がやけに気に入ったので、来年もそういうのを感じながら過ごそうかなーと思って…。

ちなみに今日から冬至、「乃東生」(なつかれくさしょうず)、夏枯草が芽を出す頃だそうだ。

まぁ、「ほぉ〜〜」と思うだけなんだけどね、なんとなくそういうのを聞いて「ほぉ〜〜」と思って過ごしたいなーみたいな…。


日めくりも、たぶんめくるの忘れて1週間分とかまとめてビリビリしたりしそうな予感しかないけど、なんだか1日1日を「大切に」というか、いや「大切に」という言葉にするとちょっと違うかな。

「そんな殊勝な人間じゃないよな、自分」と思ってしまうんだけど、なんというか「日々をしっかり感じながら」過ごせるかなと、そんなふうに過ごしたいなという気持ちなのだ。


年を重ねるということは、人にいろいろな心の変化ももたらすものらしい。 
3BAA392A-0CE3-46D5-8A14-58514B28A809
<昨日の朝ゴミ出しに行って出会った空 衝撃的>



♪ 今日もお付き合いくださって、ありがとうございます ♪

 ポチッとしていただけると喜びます \(^-^)/
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村