わりと最近まで(BBAの言う最近は10年以上前だったりするのだけど)絵画にあんまり興味がなかったので、美術館にも縁がなかった。

直島の地中美術館、大阪の国立国際美術館、金沢の21世紀美術館ぐらいしか行ったことがないの。
あ、そういえばトレドでサンタ・クルス美術館に行ったか…。
それも作品展を見にいくというよりは「ついで」なカンジ。
A2C0E93E-F910-447C-882A-07A070CF7D41


どこも、作品より建物の方が印象に残ってる。
地元の美術館にも過去2、3回しか行ってないかも…。


そんな栞子だけど、この間図書館に行った時に書架を物色して、先日読了した『Exit』と一緒に原田マハさんの『常設展示室』を借りてきた。
 
ゴッホ、ピカソ、フェルメール。
6枚の絵画と人生が交差する傑作短編集。
いつか終わる恋をしていた私。不意の病で人生の選択を迫られた娘。忘れられないあの人の記憶を胸に秘めてきた彼女。運命に悩みながら美術館を訪れた人々の未来を、一枚の絵が切り開いてくれたーー。(Amazonより)

1.群青 
2.デルフトの眺望 
3.マドンナ
4.薔薇色の人生
5.豪奢
6.道


それぞれ美術館や絵画にまつわる物語だ。
美術に詳しくない栞子は、ここに登場する絵画をいちいちGoogleで確かめながら読んだわ

1つのエピソードが30ページほどなので、内容は薄いっちゃあ薄いかな。

「薔薇色の人生」は失礼ながら笑っちゃった。
離婚経験のある50前の女性が勤務するパスポート窓口に1人の男性が訪れる。
男性の年齢は64歳、フランス語を話し、穏やかで裕福に見える。
あら、こんなことがあるのかしら…という展開だけど・・・。

「道」はじんわりよかった。
8667EC8F-81DF-4652-80A6-95F8E8FB0935


実は、京都の京セラ美術館とか大山崎山荘美術館とかに行ってみたいなーと思ってて、それもあってこの作品を読んだのだ。
物語の中には全く出てこなかったけど。

大山崎山荘美術館でモネの睡蓮を見たいし、むしろどっちも建物自体に興味があるわー。
風薫る若葉の頃になったら、行ってみようかなと目論んでいる。

ま、例によって色々事情があるから実現できるかどうか・・・




♪ 今日もお付き合いくださって、ありがとうございます ♪

 ポチッとしていただけると喜びます \(^-^)/
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村