読んでくださっている皆さまにソロ活をお勧めしているわけではなく、自分に…だ。

もともと団体行動はあまり好きではないし、旅も一人がイチバンと思っているのだけど、ひとりでの行動の仕方をちょっと変えてみたいと思うようになってきた。
176D9E86-4FBE-4F7F-BE89-BB8275CB0B3D
<散歩コースのアヤメ>


今までひとりでどこかへ行ったとき、お店の人やそばにいる見知らぬ人に、そこで出会った感動とか疑問とか、ふと話しかけたくなることがあるんだけど、それを呑み込んでいた。

ブログでは言いたいこと言ってるくせに、外に出るとわりと自分を抑え込んでるの


まぁ、それは13年間大阪に住んでいて、ほぼ大阪のおばちゃんになって地元に戻ってきた時にちょっと嫌な思いをしたからなんだけどね。

長子が中2になるまで大阪に住んでたので、ママ友はみんな大阪の人だ。
栞子の周りにいた人は「友達の友達はみな友達」的な雰囲気で、その場にいる人誰とでも言葉を交わしてすぐに馴染んでいた。

ところが、この地域では「友達の友達は友達の友達で、私の友達じゃない」みたいな感じで、すごく違和感あったのよ。排他的というか。

自分自身も結婚するまで住んでいた所とはいえ、あらためて住民性の違いを痛感したものだ。
で、誰にでも気軽に話しかけるのはやめようと思うに至ったの。 
F52CC48B-D3EF-4889-B58E-19C191C13C11


でも、もうそんなこと気にしないでおこうと思って。
不思議だなと思ったことには「なぜ?」と聞きたいし、興味のあることには「何してるの?」とか「これは何?」とか聞きたいではないか。

自分を抑えつけずにありのまま、自然に言葉を発することができたらいいなー、暴言は吐かないけどね。
なんか、もっと自分を開くというか世界を広げるというか…、そんなソロ活をしたいなと思う。 

単に怪しいおばちゃんか…? 

いや〜、先日読んだ「八月の六日間」やテレビの「ソロ活女子のススメ」に影響されてるのかもね




♪ 今日もお付き合いくださって、ありがとうございます ♪

 ポチッとしていただけると喜びます \(^-^)/
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村